車の自動運転が現実したら、秩父の観光がどうなるか考えてみた。

  • 2019.09.12 Thursday
  • 18:01

こんにちは。

秩父菓子処栗助です。

 

今回は、和菓子のことは少し離れて、

秩父の観光について、考えてみました。

 

今、話題になっている、AIや5Gなどがありますが、

かなり近い将来、というかここ数年で実現されると言われているのが、

車の完全自動運転です。

 

また、カーシェアリングのマーケットも広がっており、

都内や若い層では、車を持たないって選択肢も広がってきています。

 

カーシェアリングが当たり前になり、そこに自動運転が加わると、

駐車場で車を借りて、そのまま目的地までレッツゴー!

になり、夢のような世界が広がります。

 

あと、ホリエモンが言っていたことを参考にすると、

カーシェアリング×自動運転が広がると、

友人同士がどこかに集合して、車一台で乗り合わせで行くっていうことが減少し、

「じゃあ現地に車で集合ねー」ってことが増えるかも、とのこと。

そうすると、カーシェアリング用の1人や2人乗りの完全自動運転車というのが、

増えてくるのはないか、ってことです。

(面白いですよね!)

 

そこで、車の完全自動運転やカーシェアリングが、

観光、そして秩父の観光に

どんな影響がでるか、考えてみました。

 

市内の観光は楽になる

 

秩父駅の周りは、車だけでなく、電車でくるひともいるので、

休日になるとかなりにぎわっています。

ただ、秩父には、駅から離れたところにも観光スポットが多くあり、

電車で来た場合は、バスかタクシー、もしくは徒歩での移動になり、

かなり労力を使います。

しかし、車の自動運転やカーシェアリングが広まれば、

移動が楽になり、市内や秩父近郊への移動がストレスフリー

栗助へ来店も楽に♪

 

そうなると、秩父市内での移動は楽になり、

より秩父の観光広域みたいなものは広がるでのはないか、と思います。

わくわくしますよね!

 

近田舎がより「近く」になる

 

東京からみて秩父は、近田舎といわれることがあり、

都内から1時間半から2時間程度で、行くことができます。

 

それはそれで一つの魅力なのですが、

自動運転が当たり前になれば、移動時間は変わらないかもしれませんが、

より”楽に”秩父に行けることになり、

ちょっと遊びに行けるという感覚が増えるのではないかと思います。

 

車全部が自動運転になれば、渋滞の可能性も減ると思いますし、

渋滞に巻き込まれないために、早く出発する、早く帰宅する、という考えも少なくなり、

秩父の滞在時間も伸びるかもしれませんね。

朝から晩まで秩父を満喫しまくれます。

 

自動運転中も”観光”は始まっている。

 

では、自動運転中に中で人が何をするかというと、

目的地の情報収集かと思います。

(もちろん楽しいおしゃべりが主だと思いますが、、)

事前に調べる方が多いかもしれませんが、

自動運転中に、秩父をどうまわろうか、など

ナビ?(タブレット端末みたいなもの?)で、確認をするようになります。

 

と考えると、秩父の観光業である我々とって、自動運転中の車内は、商圏になると思うんです。

 

どういうアプローチになるか分かりませんが、

栗助で例えるなら、お勧めのお土産屋である、ソフトクリームが美味しいなどの情報の発信や、

イベントの発信などを行うことで、

お土産が決まってない方や時間が余っていたりしたら

「あ、栗助行ってみよう」というお客様も増やすことができると思います。

 

もっと言えば、車の中で商品を選んで、決済を済ませ、あとは商品をピックアップするだけ

なんてことも実現できますよね。

お土産選びの時間短縮にもなります。

 

 

秩父より遠くに行こうとするひとが増える

 

これは、懸念点ではありますが、

車が自動運転なら、もう少し遠くへ足をのばそうと思う観光客が増えると思います。

 

そうすると、(秩父より)もっと遠くへ行く気力が沸き、秩父への観光客が減ってしまうかもしれません。

 

逆に言えば、秩父が遠いエリアの方は、もっと秩父に行こうと思う方が増えるかもしれませんね。

 

どちらにせよ、観光地としての秩父の魅力は常に発信していかねばならないです。

 

 

休日をもっと楽しめる!

 

自動運転、カーシェアリングが広まると、

車での移動がかなり楽になり、”楽しむ余力”が増えると思います。

 

秩父での滞在時間が増えると先ほど書きましたが、

連休の楽しみ方も変わってくると思います。

 

例えば、3連休の場合、最後の一日は、観光に(移動に)疲れるから、

本当の休日として、とっておこう、というパターンが、

移動に関しての疲れはなくなるから、最後の日まで観光楽しもう!もっと出かけよう!

というパターンに移るかもしれませんよね。

より、車の完全自動運転は、休日をもっと楽しめるきっかけになるかもです。

 

 

 

 

と、ここまで考えていることを書き出しましたが、

まだまだメリット、そしてデメリットは出てきそうです。

 

 

まとまりませんが、時代の変化に合わせて、

栗助そして、秩父、観光も形を変えて、対応していかないといけないと思ってます。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

 

スポンサーサイト

  • 2020.07.28 Tuesday
  • 18:01
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM