スポンサーサイト

  • 2020.07.28 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    【お彼岸】おはぎはなぜ縁起がいいのか

    • 2019.09.11 Wednesday
    • 16:40

    こんにちは、

    秩父菓子処栗助です。

     

    9月に入り、秋のお彼岸が近づいてまいりました。

    おはぎは、お彼岸になると食べたり、お供え物などで使われたりしますよね。

     

    栗助でも、お彼岸になると、おはぎの販売をしております。

     

    さて、おはぎをなぜお供えものにするのがイイかというと、

    『縁起がいいから』ですよね。

     

    では、なぜおはぎは縁起に良いといわれるのでしょうか。

     

     

    おはぎが縁起のいい理由

     

    おはぎをお供えするようになったのは、平安時代〜江戸時代くらいと言われておりますが、

    縁起に良いと言われているのは、その素材に理由があります。

     

    まずは、小豆。

     

    当時、小豆は厄除け、魔除け、無病息災の力があるといわれていました、

    なので、縁起が良いというのはわかるとお思いますが、

     

    なぜ、お彼岸の時期なのか。

     

    お彼岸は、春、夏年2回ありますが、

    その時期は、あの世とこの世の彼岸が一番近づく時期と

    仏教では言われています。

     

    そのため、先祖供養と行いますが、

    あの世が近づくため、魔除けの意味も必要あるため、小豆が使われているおはぎが

    お彼岸には適しているのです。

     

    当時は貴重な砂糖

     

    また、おはぎには砂糖が使われております。

    当時は、砂糖は貴重品だっため、

    小豆と砂糖が使われるおはぎは、庶民ではなかなか食せないものだったんです。

     

    そのため、先祖供養するにも最適だったんですね。

     

     

    <補足>『ぼたもち』と『おはぎ』の違い

     

    『ぼたもち』と『おはぎ』の違いでもっとも分かりやすいのは、

     

    春のお彼岸は、ぼたもち

    秋のお彼岸は、おはぎ

     

    という使い分けです。

     

    ただ、分け方には諸説あり、

    形の違い

    こしあんとつぶあんの違い

    もち米とうるち米の違い

    などがあり、

    地域によっても定義は違うようです。

     

    栗助のおはぎはすべて手作り!

     

     

    栗助でもお彼岸の時期は、おはぎを出します。

    手作りにこだわっており、朝作ったものをお店に並べます。

     

     

     

    そして、比較的小ぶりな作りです。

     

    毎日数に限りはございますが、

    こしあん、つぶんあん、でおはぎをご提供しますので、

    ぜひご賞味ください!

    栗助本店のみの販売です。

     

    最後までお読みいただき、ありがとうございました!

     

     

     

    スポンサーサイト

    • 2020.07.28 Tuesday
    • 16:40
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          

      PR

      calendar

      S M T W T F S
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      27282930   
      << September 2020 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM